大人だからホンモノを持ちたい?!ひとつは買っておくべきブランド品

大人だからホンモノを持ちたい?!ひとつは買っておくべきブランド品

万年筆ランキングとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文房具のブランドといえば、ノートよりもイメージしやすいのが万年筆ではないでしょうか。
ボールペンの普及もあり、万年筆をメインの筆記用具として使う人は少なくなっているものの、未だに人気のある筆記用具でもあります。
そんな万年筆の人気ブランドランキングを本日はご紹介したいと思います。
まず5位はセーラー万年筆です。
セーラーは船乗りをイメージして名づけられています。
というのもセーラー万年筆が作られているのは造船業でも有名な広島県の呉市だからです。
戦艦ヤマトも産んだ造船の街で1911年に誕生した万年筆になります。
日本のブランドだからこそ、日本語を書くことに適した形状を追求しています。
4位はプラチナ万年筆です。
1918年にやはり日本で創業が始まった万年筆ブランドです。
書き味にこだわる筆記用具ブランドです。
最近では、ノック式の万年筆も開発するなど、新しい万年筆の形を提案するブランドでもあります。
3位はパイロットです。
美しい文字を書くことを第一に考えた万年筆で、センチュリーブルゴーニュなどで知られています。
「パイロット」と名前がつくので、海外ブランドと思われがちですが、日本で1919年に中屋製作所が製作したのが始まりです。
2位はパーカーです。
矢羽のモチーフがクリップにデザインされているのが目印です。
デュオフォールドなど歴史に残るロングセラー商品を生み出したブランドになります。
このブランドは元々、アメリカのブランドでしたが、後に経営権がイギリスに移り、工場もイギリスに移転しています。
さらに最近ではイギリス工場が閉鎖され、2008年にフランスに工場が移転しています。
現在はアメリカの一般消費財メーカー、サンフォードの傘下に入っています。
有名ブランドということもあり、世界の企業が経営権を欲したという背景があるのでしょう。
最後に1位はペリカン万年筆です。
スーベレーンなどでも有名な万年筆ブランドになります。
万年筆といえばペリカンというぐらい有名なブランドなので一度は文房具屋さんなどで、目にされたこともあるのではないでしょうか。
ドイツのマイスターによる精密な仕上がりが人気で、今現在も多くの人に愛されているブランドになります。
最近は、スマホやPCの普及に伴い、そもそも「字」自体を書く人が減ってきています。
ですが時々、書く文字は有名ブランドの万年筆で書いてみてはいかがでしょう?
有名ブランドの万年筆は時計でいうロレックスやオメガのような効果すらあります。
さりげないお洒落として楽しむことができます。

比べてお得!

Copyright (C)2017大人だからホンモノを持ちたい?!ひとつは買っておくべきブランド品.All rights reserved.